読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音声入力

日常

こんばんは。

今回は音声でブログを書いてみたいと思います。

最近のテーマとして「生産性を上げる」というのをテーマにしております。

友人がこのような記事を音声入力のすゝめ:「決算が読めるようになるノート」の作り方|決算が読めるようになるノート|note

Facebook上にアップしていて気になったので読んでみたところ確かに音声入力は文字を打つよりも簡単に文章を書く事ができるとこのブログを通じても実感しております。

 

ひとついいところは自分の思ったことをそのまま発することで文章が打てること。

また、自分の文字を打つスピードよりも話す方が圧倒的に文字数を多く書くことができること。

 

句読点や改行もそのまま音声ですることができるのでわりと便利だなと気づきました。

しかし、不便なところは音声を発しながら文章を考えるので、考えがまとまってないまま文書ができること。また、iPhone音声認識は文字に対する認識がまだまだ甘いようで変換が変になったりすることもあります。なので、文章を打った頭に手直しが必要になります。

しかし、総じても音声入力は文字入力をよりも圧倒的に多くの文書をアウトプットすることができるということをに気づきました。

今後、簡単な文章であれば音声入力の方が早く作業を進めることができるので、積極的に使っていきたいと思います。

1つ使い方としては、ある程度のアイディアをネット上ですね紙ベースで書き出しておいて、そのアイディアも音声入力に直す方が完成度もより高くなるのではないかと思います。

 

 

 

 

以上。