読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウドワークスで稼いでみた。

今年の1月にクラウドワークスに登録をしました。

リマインドになりますが、今年の目標は『稼ぐ力をつける』なので、徹底的に稼いで参りたいと思っております。

 

クラウドワークスに関しては本格的に始動したのは今月に入ってからです。

 

稼ぐのって難しいじゃん

正直、すぐに稼げると思っていました。バカにして申し訳ありません。

自分がやっているは主にタスク・アンケート系と記事執筆なんですが、作業時間としては5分〜30分、ひとつタスクを完了して1円〜100円くらいを稼いでいます。

よくクラウドワークスの批判をしている人に、時給換算すると単価がすごく低いというコメントを見かけますが、クラウドワークスのいいところって好きな時に好きな場所でお金を稼ぐところが一番のポイントなんですよね。

だから時給で考えるのはお門違いな気がします・・・

 

単価を上げたいなら自分のスキルを上げるしかないのか

とはいえ、全然稼げていないのは眼前の事実なんです。

記事執筆とかも1回500円とかまで単価を上げることに成功できれば景色が違ってくるのにな〜と思っています。

現状今は300文字〜800文字のもので挑戦して30円〜100円の報酬をもらっています。単価を上げるためには成果を上げるしかないんですよね。

例えば、私たちがお米を購入する時、どこぞの知らない外国産のお米なんて購入しないと思います。

仕事を発注する側もお金を払うからにはそれなりの成果を求めてきます。だからこそ、単価が高いものは責任が生じるし、いいものを作らなければならない義務が生じます。

ネットだからそこの障壁が見えづらいですが、本来仕事をするというのは責任が生じるものだと思います。

 

だから、お仕事の単価を上げるためには成果を出して、私はこれだけのことができる人間だということを示さなければならないんです。

そのためには小さい仕事を単価が低くても丁寧にすること。

信用は信頼につながり、やがて成果に結び付くはず。

 

自分に言いきかせて稼いでいきます!

 

  

 

以上。