読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あと1センチの恋(映画感想文)

最近、自分の映画ブームに拍車がかかっております。

今日の朝『あと1センチの恋』を鑑賞。

 

ティーンが好きそうな映画だったので今まで嫌煙をしていたんですが、実際に観た感想としてはやはりティーンが好きそうな映画でした。笑

 

小さい頃から幼馴染みの二人、しかし付かず離れずの状況。

相手が欲しい時には向こうに相手がいて、欲しい時に手が伸ばせない。

もどかしい!とにかくもどかしい!!!

 

大切な人は身近にいるのに、その価値には気づかない。

だって近すぎるから。

 

そして、気付いた時にはもう手遅れ。

私たちは後悔しながら生きていく。

そして、欲しい幸せ・夢よりも諦めた道を進む、

でも本当にそれでいいの?私の夢ってなんなの?

 

自問自答するばかり。

ちょっとだけ前向きに生きてみようよ思ったし、

いつくっつくの?いつくっつくの?と胸がもどかしくなる映画でした。

年に1回ライトな気持ちで観たい。

 

 

 

以上。