読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いらいらした話。

人事異動のタイミングで今まで持っていたお客さんを引き継いでいるのだが、時間がいくらあっても足りない。
このお客さんはこういう人でこういうことが好きで、こんなところが気になってます、というのを私は細かく管理をしていてそれを伝えきろうとするといくら時間があっても足りない。

時間は有限だからある程度めどを立てなきゃいけないのはわかっているが、きちんと情報を伝えないことによってお客さんの信頼を失いたくない、今まで大切に培っていたお客さんとの関係を切らせたくないと思うとすごく時間がかかっているのが現状である。

あまり時間をかきすぎてはいけないと思い、少しなおざりにしていた部分があり、そのところを指摘されすごくイライラしている。
時間がいっぱあったら伝えたいことはいっぱいあるのに時間が限られてるからポイントを絞って伝えればよかったのかなと少し反省した。

結局相手にどう伝えるか、またはどう思ってるのか、よく相手次第で評価が変わるからその部分も考えないと社会がやっていけないんだろうなと思っている。

もう少し丁寧に明日は向き合おう。
わからないところを1つずつ潰していく、それを相手にきちんと伝える、それだけなんだろうなぁ。。


以上。