読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんでそんなに「結婚」に焦ってるの???

今年で私もいよいよアラサーの仲間入りをする。

気づけは、20代も半分に差し掛かっている。

一つすごく気になっていることがある。

 

それは”結婚”についてである。

 

社会人2年目になってからプライベートのSNS上で結婚について投稿を見かけるようになった。自分自身は、結婚について全く考えていないが(その前に結婚を考えるような相手もいないが)、地方の友人は「彼氏にプロポーズされた!」「同棲がしようか悩む。。。」「なんで毎日喧嘩ばっかり」みたいな不満のつぶやきを毎日Twitterで見かけます。

 

何・ナニ・何か他のことねえの????

と思ってしまうほど

漢・オトコ・男のこと・・・・

 

正直、つまらない。。

もう2年くらい会っていないが、おそらく価値観が合わない。

 

別に結婚を否定するつもりはないし、私だっていつかは好きな人と一緒に暮らせる生活ができればと思うが、結婚のために生きているわけではないので、結婚するために行動をしようとは思わない。

彼女たちを見ていると「結婚のために生きている」という感じざるを得ない。

頭の中が結婚でいっぱいなのだ。

 

 

なんで皆んなそんなに焦ってるの??

いろいろ考えたのだが、結局は「幸せになりたい」んだろう。

そして、女性は世間一般的な「幸せ」になるためのタイムリミットが存在している。

30代はおばさんだ。もう時間がそんなに残っていない。

だから皆んな焦っているのだ。

先日、友人が切実なつぶやきをしていた。

 

f:id:appletree16:20170121163512j:plain

 

ああ、これが世間一般に女性の求める「幸せ」なのかと思った。

みんな幸せになりたい。

幸せのかたちなんて人それぞれなのに、みんなは結婚を幸せのかたちにしている。

愛は美しいという幻想でもあるのだろうか。

 

なぜ、結婚=幸せなのか?

 

答えはシンプルで、今もそれがマジョリティーだからだ。

女性のキャリア志向なんて、ここ10年くらいでやっとでてきたようなもの。

まだまだ考えが都市部にか浸透していないから、女性は家庭に入るというイメージが今も強いのだろうと思う。

女性のキャリア志向がこれから強くなると仮定すると、家庭のあり方も変わってくるのだろうか。

 

しかし、一つ私は勘違いをしていたのかもしれない。

 

結婚=幸せではないのかもしれない。

 

本当は結婚の先に幸せがあるはずなのである。

だから、本当の幸せは結婚の先に存在するのではないか。

夫婦が力を合わせて、家庭を作っていく。

確かに、やりがいはありそうだし、きっと楽しいに違いない。

だからこそ信頼出来る人と結ばれるために女性は行動するのかもしれない。

 

以上。

 

 

 

 

 

  ]